それなりの印鑑が無難になってきます

印鑑イメージ

実印を買うとよく言いますが、印鑑登録をしていないものしか、実印としては使えません。
そのため、実印に向いている印鑑を買う時の注意点と思っていただくといいでしょう。

では、印鑑登録が出来る印鑑とはどういうものなのでしょうか。
そして、その反対に出来ない印鑑とは、なんなのか、ここで少し紹介しておきます。

まず、ゴム印などの変形しやすいものは実印にはできません。
この理由があるので、シャチハタは実印として登録できないのです。

次に、印影が鮮明に出ていないものも、認められません。
なぜなら、印鑑が欠けていたり、大きすぎたり、もちろんその反対の小さすぎるものでも、認めてもらうことは難しいでしょう。

当たり前のことですが印影が鮮明でなくても、実印として登録できてしまうという方が怖いような気はありますよね。
あとは、プラスチック製のものだと、役所自体がNGを出すことがあるので、やはりそれなりの印鑑を用意すべきなのかもしれません。

実印というのは、自分の分身であり、自分を守ってくれる印鑑となります。

そのため、とても重要なものになりますので、手頃な値段で買った印鑑を実印として登録してしまうと、運勢が下がるなど、色々な迷信も付き物ですが、あながち間違いではないと感じています。

若い人は、あまり印鑑について考えることはないでしょうが、姓名判断をして作ってみたり、生まれ年にあった印材を使ったりして、作る人が多いです。

もし、自分が社会人となって、実印を使うことが増えてくる時に、安物を持っていた場合に目立ってしまうでしょう。
そうならないためにも、実印を買う時には、こだわりを見せるといいでしょう。

〔印鑑のHot☆Topic〕

ネイルアートのようにデコレーションされた印鑑が大人気!
スワロフスキー・パール・花など、3D加工が施された印鑑を、豊富に取り揃えています。

デコ印鑑を今すぐチェックする!

ページの先頭へ