丈夫なチタンが印材におすすめ

チタン印鑑イメージ

これから、印鑑を買う人は、印材や書体など色々気にしているでしょうが、印材をチタンにしてみてはどうでしょうか。

「なぜチタンなのか?」と思われるでしょうが、まず言えるのが優れた耐久性にあります。

チタンと聞くと、金属なので錆びるような感じがしますが、とても錆びにくく耐食性に優れています。

たとえ海水につけても、変色しません。
さらに熱にも強く、鉄の融点よりも高い1600℃以上にならないと溶けないそうです。

そのため、災害などの被害に遭ったとしても、壊れる心配がないと言われています。

「硬くて押しにくそう」と不安に思われる方もいるでしょうが、チタンは微粒子からできており、表面が滑らかで朱肉が均一に付きやすいということもあり、とてもキレイな印影となります。

さらに、おすすめしたいところはデザイン性があるということです。

見た目がとても輝いているせいか、象牙や黒水牛に劣ることのない高級感が溢れているため、印材だけに使用されているではなく、リング、ネックレス、腕時計などの小物にも使われているのです。

加えて、衛生面でも優れていて、ノンアレルギーのものだと言われており、医療器具などにも使われていることが多いので、安心して使うことができます。

こうした結果、今悩んでいる人はチタンにしてみてはいかがでしょうか。

あまり持っている人を見かけないので、個性が出ますし、チタンと聞くとシルバーのイメージがありますが、ブラックなど違う色もありますので、持つ人のセンスが光る事でしょう。

値段もさほど高いものでもありませんので、チタンは誰にでも持てる印材だといえるでしょう。

〔オススメ専門サイトのご紹介〕

日付印やデータ印など、仕事で大活躍のスタンプが勢揃い!
「あればいいな・・・」と思っていた回転印も、きっと見つかります。

回転印なら【サンビー館】におまかせ!

ページの先頭へ