人の手が加わった印鑑が望ましいです

印鑑イメージ

「銀行印なんて、なんでもいいでしょう」と、たまに聞くのですが、それはおすすめできません。
なぜなら、銀行印が何でもいいのであれば、自分の財産を、そこら中に見せているのと同じだからです。

銀行印というものを、あまり重視していない人が少なからずいますが、これでは、財産が減ってしまっても文句は言えないでしょう。

何度も言いますが、銀行印は自分の財産を管理するだけではなく、守ってくれるものとして、とても重要なものなのです。
そのため、100円ショップや、機械で大量生産されている印鑑などを、銀行印にしてしまうと、偽造される可能性が高くなるので、避けてください。

では、どんな印鑑が銀行印に向いているのでしょうか。
一番いいとされているのは、実印でよく買われている印鑑のように、完全手彫りで、偽造されることがないと言われている印鑑です。

こうすることで、自分の財産を守ってくれる強力な味方となってくれるでしょう。

次に、機械で作ってあったとしても、半分は人の手が加わっているものがいいでしょう。
なぜなら、全部を機械任せにしてしまうと、同じものがたくさん出来上がってしまっているからです。

そんな印鑑を使ってしまっては、守るどころか、ばら撒いてしまうのと同じでしょう。

銀行印は、実印と違って軽視されがちな印鑑ですが、財産を守ってくれているものとして、重視すべき印鑑だと言えます。

だからといって、先行投資感覚で、印鑑だけお金をかけても、財産が増えるということはありませんので、注意しておいてください。
風水などを気にする方であれば、名前が横書きにされている印鑑を用いると、お金が貯まりやすいとされているので、横書きの印鑑を使ってみてもいいでしょう。

〔お役立ちサイト情報〕

象牙の本格実印から、オーソドックスな柘印鑑、おしゃれはんこまで種類が豊富。
人生に一本の印鑑は印鑑の激安専門店【ハンコヤドットコム】でどうぞ!

ページの先頭へ